語り継がれるダウンウエア HERITAGE OUTERWEAR -ヘリテージライン-

語り継がれるダウンウエア HERITAGE OUTERWEAR -ヘリテージライン-

アメリカで初のダウンウエアを作り、特許を取得したエディー・バウアー。
今でも「ダウンといえばエディー・バウアー」と言われる所以には、創設者エディー自身の
様々なエピソードがありました。
伝統を受け継ぎながら現代にも輝くアイテムをご紹介します。

ITEM  LINEUP アイテムラインナップ

ITEM  LINEUP アイテムラインナップ

  • スカイライナー
  • ユーコンクラシック
  • B-9

キルトダウンの誕生とスカイライナー

キルトダウンの誕生とスカイライナー

キルトダウンの誕生とスカイライナー イメージ01 キルトダウンの誕生とスカイライナー イメージ01

ダウン入りキルトジャケットは、創業者エディーの命をかけた経験と、「真冬でも釣りを楽しみたい」という遊び心から誕生しました。
エディー・バウアーと言えば「ダウンジャケット」と呼ばれるように、エディー・バウアーの偉大な発明の一つは「ダウンジャケット」です。

ある真冬の日、釣りに出かけたオリンピック・ペニンシュラ(現在のオリンピック国立公園)で凍死寸前の体験をしたエディーは、1935年、真冬でも釣りを楽しめるもっと上質なアウターを作ろうと考えました。

当時のアウトドア防寒着は、ウールパンツ、ウール下着やマッキーノコートで、特に濡れると重くなるものがほとんどでした。「軽い」と「暖かい」が釣りをする際の大事な条件でした。コサック兵だった叔父から、シベリアの厳寒地では防寒の為に服に羽毛を詰め込んでいた話をエディーは聞いており、ダウンの高い防寒性は知っていました。

グースダウンには3つの大きなメリットがあります。
1つは、ダウンは適量な空気を含んで体温を保つこと。 2つめは、外の寒気や湿気をシャットアウトすること。 そして3つめは、そのダウンの 「呼吸」によって内部の湿気を放出することでした。

この「羽毛(ダウン)」を使ってジャケットを作ることを思いついたエディーでしたが、1つ問題がありました。着用すると、ジャケット内のダウンが下へ寄ってしまうのです。ダウンをジャケット内で均等に固定するために、何度も試行錯誤を繰り返した末、ダウンをダイヤモンド形の状態でキルティングするという方法を生み出しました。当時、アウターの表にキルティングを施すなど誰も考えていませんでした。

そして初めてのダウンジャケット“ブリザードプルーフ”が完成。改良を重ねた1年後に、名称を“スカイライナー”に改めました。これが、米国で初めて特許を取得したダウンジャケットです。以来、“スカイライナー®”は常に検証を続けてアップデートしています。

キルトダウンの誕生とスカイライナー イメージ02
キルトダウンの誕生とスカイライナー イメージ02

グースダウンには3つの大きなメリットがあります。
1つは、ダウンは適量な空気を含んで体温を保つこと。 2つめは、外の寒気や湿気をシャットアウトすること。 そして3つめは、そのダウンの 「呼吸」によって内部の湿気を放出することでした。

この「羽毛(ダウン)」を使ってジャケットを作ることを思いついたエディーでしたが、1つ問題がありました。着用すると、ジャケット内のダウンが下へ寄ってしまうのです。ダウンをジャケット内で均等に固定するために、何度も試行錯誤を繰り返した末、ダウンをダイヤモンド形の状態でキルティングするという方法を生み出しました。当時、アウターの表にキルティングを施すなど誰も考えていませんでした。

そして初めてのダウンジャケット“ブリザードプルーフ”が完成。改良を重ねた1年後に、名称を“スカイライナー®”に改めました。これが、米国で初めて特許を取得したダウンジャケットです。以来、“スカイライナー”は常に検証を続けてアップデートしています。

受け継がれる伝統と現代風アレンジ スカイライナー ダウンジャケット

受け継がれる伝統と現代風アレンジ スカイライナー ダウンジャケット

MEN

1936スカイライナー® ダウンジャケット

  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット ブラック メンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット バーク メンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット ダークチャコールヘザー メンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット ラセット メンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット フラックス メンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット ハンター メンズ
  • 1936スカイライナー(R) アトランティック メンズ

EB900バイオダウン スカイライナー® &
オールパーパス リバーシブルダウンジャケット(アンチスタティック製)

  • EB900バイオダウン スカイライナー(R) & オールパーパス リバーシブルダウンジャケット(アンチスタティック製)ダークスレートカモ/ハンター メンズ
  • EB900バイオダウン スカイライナー(R) & オールパーパス リバーシブルダウンジャケット(アンチスタティック製)ネイビー/ブラック メンズ

WOMEN

1936スカイライナー® ダウンジャケット

  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット クラレット ウィメンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット ダークハンター ウィメンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット フラックス ウィメンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット ダークチャコールヘザー ウィメンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット クリムゾンプラッド ウィメンズ

MEN

1936スカイライナー® ダウンジャケット

  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット ブラック メンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット バーク メンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット ダークチャコールヘザー メンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット ラセット メンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット フラックス メンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット ハンター メンズ
  • 1936スカイライナー(R) アトランティック メンズ

EB900バイオダウン
スカイライナー® & オールパーパス
リバーシブルダウンジャケット
(アンチスタティック製)

  • EB900バイオダウン スカイライナー® & オールパーパス リバーシブルダウンジャケット(アンチスタティック製)ダークスレートカモ/ハンター メンズ
  • EB900バイオダウン スカイライナー® & オールパーパス リバーシブルダウンジャケット(アンチスタティック製)ネイビー/ブラック  メンズ

WOMEN

1936スカイライナー® ダウンジャケット

  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット クラレット ウィメンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット ダークハンター ウィメンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット フラックス ウィメンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット ダークチャコールヘザー ウィメンズ
  • 1936スカイライナー(R) ダウンジャケット クリムゾンプラッド ウィメンズ

現代のニューバージョンは構造上のディテールは忠実に再現しつつ、フィット感を現代風にアレンジしました。 トラディショナルなダイヤモンド型のキルティングを施したボマージャケットスタイルはそのままに、ワックスコーティングを施したコットン・ナイロン素材と、中わたは650フィルパワーのプレミアムダウンを使い、暖かく作りました。

右内側には、特許申請時の図柄の入ったスカイライナー®オリジナル・ビンテージヒストリーラベル付きです。

特許申請時の図柄イメージ 1942 特許申請時の図柄イメージ
USER STYLE
USER STYLE

スクエアキルトのデザインが魅力のダウン 1942 ユーコンクラシック モデルダウンパーカー

スクエアキルトのデザインが魅力のダウン 1942 ユーコンクラシック モデルダウンパーカー

MEN

1942ユーコンクラシックモデルダウンパーカー

  • 1942ユーコンクラシックモデルダウンパーカー カデット メンズ

MEN

1942ユーコンクラシックモデルダウンパーカー

  • 1942ユーコンクラシックモデルダウンパーカー カデット メンズ

1942年誕生のユーコンクラシックジャケットを、当時エディーは「ダウンジャケットのなかの最高級品」と呼びました。

「ユーコン」(Yukon)とは、カナダとアラスカにかけて流れる川のことで、先住民の言葉で「偉大な川」を意味します。 ユーコン川流域は大自然が広がり今もアウトドアのメッカとなっています。

ユーコンクラッシックオリジナル・ビンテージラベル付き。ユーコンクラシックジャケットの象徴でもあるスクエアキルトはスカイライナーと並びエディー・バウアーダウンの双璧をなしています。

1942 ユーコンクラシック モデルダウンパーカー イメージ 1942 ユーコンクラシック モデルダウンパーカー イメージ

USエアフォースにも提供したフライトジャケットを再現 1942 B-9ダウンパーカー

USエアフォースにも提供したフライトジャケットを再現 1942 B-9ダウンパーカー

MEN

1942 B-9ダウンパーカー

  • 1942 B-9ダウンパーカー スレートグリーン メンズ
  • 1942 B-9ダウンパーカー ブラック メンズ

MEN

1942 B-9ダウンパーカー

  • 1942 B-9ダウンパーカー スレートグリーン メンズ
  • 1942 B-9ダウンパーカー ブラック メンズ

1942年、アメリカ軍の一部のパイロットがエディー・バウアー商品を好んで着るようになると、噂を聞きつけた軍関係者が「ライフジャケットの役割も果たせる」フライトスーツの製作を依頼してきました。

フライトスーツを開発する上で、エディーは次の2つの条件をクリアしなくてはなりませんでした。

(1)マイナス20度の中で3時間じっとしていても保温性を失わない。
(2)海上に墜落した場合、フライトスーツがライフジャケットとして機能するように、人一人分と約10kg分の荷物を24時間浮かせておける浮力を備えている。

エディーは、グースダウンの断熱性を活かし、必要とされる保温性と浮力の実現に成功しました。この時開発されたのが「A-8フライトパンツ」と「B-9パーカー」です。

1942 B-9ダウンパーカー イメージ 1942 B-9ダウンパーカー イメージ