キャンプフリースのスタック画像 キャンプフリースのスタック画像

新感覚! フリースのような
スウェットシャツ!!

フリースといえばポリエステル100%の起毛素材が代表的ですが、エディー・バウアーのキャン プフリーススウェットシャツは、綿60%・ポリエステル40%の表面も裏面も起毛した素材です。
表側も裏側も起毛加工を施しているので究極の肌ざわりです。デッドエア(不動空気)を溜め込める起毛は、心地よい保温性を提供します。
綿ポリエステル60/40のベストバランス素材に両面起毛することによってウルトラソフトが加わり、今までにない新感覚「フリースのようなスウェットシャツ」です。

フリース繊維アップ画像 表と裏 フリース繊維アップ画像 表と裏

綿の欠点を
ポリエステルがカバー

従来の綿製のスウェットシャツは汗をよく吸って肌ざわりも良いですが、スポーツ後の肌寒い時のために防寒性を高めて厚くするととても重くなってしまいます。
しかも、厚くなると乾きにくくなって洗濯後の乾燥も大変でした。
汗をたっぷり吸ったスウェットシャツを、何度も洗っても生乾きの臭 いが残ってしまったことは経験があるのでは…。
キャンプフリーススウェットシャツは、綿とポリエステルの絶妙な60/40のバランスで、綿の汗の吸い上げ性と肌ざわりをキープしながら、ポリエステルが軽さと速乾性を補っています。

ヴィンテージ感を楽しむ
「RIVER WASH」

一部のキャンプフリーススウェットシャツに取り入れられているRIVER WASHは、ヴィンテージのような風合いが魅力の製品染めのシリーズです。 購入したその日から、何年も着込んだ愛着のあるスウェットのような着こなしが楽しめます。
ヴィンテージ感プラスする為にピグメントダイ加工が施されています。


*ピグメントダイ加工とは、顔料染料を使用した糸の内部まで染まらない染色加工で、インディゴジーンズのように色落ちが楽しめます。

1965年のエディー・バウ アーのカタログでは、既にスウェットシャツも販売していました。 当時はセレクトショップでしたので、ハンティングの老舗D社のスウェットシャツでした。   防縮加工を施したヘビーウェイトのコットンに内側はサーマル素材の 従来のスウェットシャツと異なる革新的な製品でした。
60年前もエディーが選んだスウェットシャツは、当時のお客様に驚きの着心地を与える新感覚のスウェットシャツであったに違いありません。

1960年代のエディー・バウアーのカタログ 1960年代のエディー・バウアーのカタログ